• TEL 03-5366-6551

    10:00-18:00

TPO BLOG

2013.12.28
住み継がれる家とは

タカギプランニングオフィス(TPO)では、
新築賃貸住宅をよく扱っていますが、
新しい=よい、と考えているわけではありません。

 

 

目指すのは「将来のヴィンテージ住宅」
「歳月をかけて滋味を増す家」が、わたしたちの理想です。

「賃貸集合住宅」という土俵で、
建築家と施工者が協力してよいハコをつくり、
持ち主・住み手とTPOが協力してそれを育てる。
そして、経年の味を感じてくださる方に住んで頂きたい、
と、思っています。

そもそも、

「壊したくなくなる建築をつくれ」
「よい建築が残る文化をつくろう」

古きよき建築が残せない日本の不動産事情を見たボス高木の
若かりし頃の決意を創業以来のテーマとしているTPOなので、
「売買」だって、同じ思いです。

メインテーマは
「建築のよさに価値を置いた、中古住宅の売買」

今扱うものから、いくつかご紹介します。

殿山の家

鷺宮の家

NERO弦巻

どれも共通しているのは、
持ち主が家をとても気に入っている、ということ。
事情あって手放すことを決めたが、好んでくれる人に引き継ぎたい、
と、考えていること。

建てたときのエピソード、
工務店との長いおつきあい、
暮らしてみて気付いたアドバイス、
そんな諸々とともに引き継がれる「売買」は、
その家の新しい歴史のはじまり。

建物のこと、たまにはそんな角度から考えてみると、
また違った良さが見つかるかもしれませんよ。

 

by t_noguchi

TOP > ブログ > 住み継がれる家とは
TOPに戻る
MAP