• TEL 03-5366-6551

    10:00-18:00

TPO BLOG

2009.06.01
段差を活かした住まい方 ~FRAMES~

「お部屋訪問」第3弾は『FRAMES』にお住まいのOさんです。
ちなみに7/15発売号のLiVESに掲載されます。

約1ヶ月前に『FRAMES』に住み始めたOさんのお部屋は、
特徴である40cmの床のレベル差を活かすアイデアに満ちています。
クリエイティブなアイデアの数々、驚きです。

まずはTPOスタッフ総勢でうなったこちら!

衣装ケースを下に納めた自作の踏み台。
ベニヤで組み立てた踏み台にはお部屋のカーペットと同じカーペットを貼られています。
なんとこちら、
「サンプルを取り寄せ、どの品番のカーペットか調べました」というこだわりぶり。
そうなんです。
この踏み台、造り付けではないのです。


①段差に注目
②眺望と椅子


①実はこれU字溝という側溝などに使われている資材なんです。
サイズはもちろん、『FRAMES』のコンクリートの質感ともピッタリ合っています。
U字溝にこんな使い方があるなんて!目から鱗のアイデアです。
しかもホームセンターに行けば1個1,000円台で買えちゃうそうです。

②お部屋のデザインに合わせて、見せる収納を意識しているOさん。
室内にはSANAAや剣持勇のイスがパラパラと置かれていて、
絶妙なバランスで好きなものに囲まれた楽しい生活空間が出来上がっていますね。

最後にOさんに『FRAMES』のお気に入りを聞いてみました。
北と東にある大きなガラスの開口部があるため室内は明るく、
周りに高い建物のない開けた眺望を眺めることができます。

一番好きな時間帯は朝。
「朝早く起きるようになりました」とおっしゃっていました。

設計者の意図を読み解きながら住みこなし方を考えていった、というOさん。
「家具を置いてみたら、(逆に)空間が広く感じました」とおっしゃってましたが、

まさに立体的な空間の広がりや変化を楽しませていただけました。。
Oさん、ご協力いただきましてありがとうございました。

TOP > ブログ > 段差を活かした住まい方 ~FRAMES~
TOPに戻る
MAP