• TEL 03-5366-6551

    10:00-18:00

TPO BLOG

cabina

2018.3.25
横浜の港を思い浮かべて。

本日は市営地下鉄ブルーライン片倉町駅を最寄りとするcabina(カビーナ)を紹介したいと思います。

現在、4部屋募集中ですがその中でも私がオススメなのは10号室です!

 

2018.2.27
ラーメン日記 新横浜編

新横浜と言えば東海道新幹線の乗り入れ駅として有名で、横浜への玄関口といわれています。

先日、久々に新横浜に行ったのですが日曜日ということもあり、たくさんの人でにぎわっていました。

 

2013.8.4
横浜ぶらり建築記

偶然、みなとみらい線の馬車道駅に行ったので
横浜・みなとみらいエリアをぶらぶらとしてきました。

中でも関内エリアは大正・昭和の建築も保存されていたり、
みなとみらい周辺は観光名所としての建築物が多いので
自分の用事を済ませる目的と合わせて2度美味しいのです。

例えばこちら、馬車道駅すぐの
横浜第二合同庁舎

かつて横浜生糸検査所として使われていた建物で、
1990年に横浜市認定歴史的建造物となったそうです。
(現在は創建当時のものを復元した建物)
港町ならではの施設ですね。
正面の紋章は蚕をモチーフとしているそうです。

そのまま万国橋を渡ると
ランドマークタワー』『クイーンズスクエア』『大観覧車
と、これぞ“みなとみらい”の風景が。

昭和15年にできた万国橋。コンクリートのアーチ構造。
さすが、年期が入っています。

反対側には『大桟橋ふ頭ビル』と横浜三塔の『クイーン(横浜税関)』も。

さらに進むと、かの有名な観光スポット
赤レンガ倉庫
これも港町ならでは。
かつては保税倉庫だったそう。

先日七里ヶ浜の記事で紹介した「bills」も入っていますよ。
倉庫は季節ごとに様々なイベントを行っているのですが、
毎年春になると建築士の卵たちが卒業設計の展示をしています。

そして赤レンガ前の交差点には円形の歩道橋
サークルウォーク
公共の土木建造物では珍しくデザインが重視されています。
剥き出しのトラス
これぞ構造美。

サークルウォークを渡り『ワールドポーターズ』で一休み。
1階には横浜らしいお土産屋さんが入っています。

私が次に狙っているのは
遅くて入れなかった『カップヌードルミュージアム』。
総合プロデュースは人気のアートディレクター佐藤可士和氏。
自分だけのカップヌードルが作れると評判です。

最後に横浜の夜景を。

他にも近代洋風建築がたくさん
物足りない方は実際に散策してみてはいかがでしょうか。

さて、TPOのお部屋はというと・・・
横浜・みなとみらいエリアには
北幸ぐうはうす」「bambu」「Finca紅葉坂」「monte」「cabina
があります。

残りわずか。早い者勝ちです。

あなたも横浜で暮らしませんか。

by 浜っ子hirabayashi

2012.11.15
横浜ブルーライン片倉町徒歩6分
TPOの中では珍しい横浜エリアのお部屋cabina(カビーナ)

現在空いているお部屋一部紹介します。

まずは3号室

アイランドキッチン空間が魅力的。

メゾネットなので、寝室を上階にすれば住み分けが可能です。

そして7号室

メゾネット2LDKなので、ルームシェアにもおすすめです。
しかも2部屋とも同じ広さ、各バルコニー付き。
賃料を減額しましたので、2人で割ると更にお得ですよ。

ちなみに横浜ブルーラインは
横   浜
新 横 浜
桜 木 町
センター北
センター南
湘 南 台
などなどを通る便利な線です。

横浜エリアでお部屋をお探しの方
是非一度ご内見にいらしてください。

by hirabayashi

2012.8.15
ルームシェアにも最適な空間。-cabina7号室-
市営地下鉄ブルーライン、
横浜は片倉町駅のすぐそばにあるcabina/カビーナ
現在2部屋募集中ですが、
今回はルームシェアにもオススメ、
7号室をご紹介します。

 

まず約11帖の広々リビング。
これだけゆったりしていれば、
ご自分でお好みの空間作りができますよね。

また、リビング奥は上階にかけて
吹き抜けになっているので開放的です。
階段を上れば、2つの居室がお出迎え。それぞれお部屋を閉め切れ、
しかもバルコニーもついています。

この雰囲気の物件で
2LDKのお部屋は滅多に無いですね。

賃料も減額したばかりので、
引越をお考えの方は今がチャンスですよ!

是非一度ご内見下さい。

 

 

by k_fujita

2012.1.25
開放的に生きる。-cabina-
横浜は片倉町にある
cabina/カビーナ
閑静な住宅街の中で、その存在感はひと際。

現在空いている1号室は、とにかく圧巻。

エントランスから階段を昇り、
まず目に入るのがこちら

とにかく広いウッドテラス。
好きな植栽を置いたり、
天気の良い日はテーブルを囲って
簡単なお食事などもお楽しみ頂けます。

お部屋に入れば、
大きく開放感のある窓がお出迎え。

遠くに広がる町並みまで見えますね。
日の光をいつも感じられて、
気持ちがすぅっと落ち着きます。

そして何と言っても、
このお部屋の目玉はこちらですね。

アイランド型キッチン。
休日は家族みんなで、
お料理をお楽しみ下さい。

また、個性あふれる居室が2部屋。


どれをとっても魅力的。

みなさんの明るい会話や笑い声が
今にも聞こえてきそうです。

by k_fujita

TOPに戻る
TOP > ブログ
MAP