• TEL 03-5366-6551

    10:00-18:00

TPO BLOG

2011.02.17
都市の隙間を使いこなす

 


最近、「買う」に新たな物件が登場したことに気付いていただけましたか?
駒沢大学駅近くの「コートデコ上馬」です。
「分譲マンション」という印象とは遠く
建築家と施工者の意気を感じる建物です。
その秘密を探ろうと、設計されたアトリエテン・高田典夫さんに
お話を伺ってきました。
アトリエテン撮影

 

伺ったのは、三鷹にあるご自宅兼アトリエ「N2」(アトリエテン設計)
敷地25坪の建売住宅を購入して住んでいた高田さん。
「そのうちに建て直そう」と、1年に1案つくり続けるうちに
いつの間にか10年が経ってしまったそうです。
希少樹種があり、もうつくれないだろうという「20の樹」

そんなとき、ある作家さんの「20の樹」という名の引き出し家具に、一目惚れ。
衝動買いしてしまったものの…
「置く場所が無かったんです」

そこで、置くための家が完成するまで家具は作家さんにお預けすることにし、
いよいよ本腰をいれて家の計画を練り上げることになりました。
定位置に収まった「20の樹」
アトリエテン撮影

敷地周辺は狭い道の入り組んだ住宅地。
南側の大きな開口はとても望めませんでしたが
高田さんは、長年のスタディーの結果、
敷地を取り囲む街には「隙間」があり、そこから視線がぬけ、
光も風も得られることを知っていました。
そこで、街の隙間にあわせて壁と壁との隙間をつくり、
そうやって完成した建物は、カーテンを必要としない
明るく開放的なものになりました。

また、室内では「異質な素材をくっつけない」こととし、
壁と床、階段との間の隙間をつくりました。
その隙間はとても小さなものですが、
家全体に心地良い空気が行き渡っていくように感じられます。

さて、「コートデコ上馬」は、高田さんが「N2」の後
「視線のぬけ」と「都市の隙間」について更に考えを深めて設計された
小さな分譲マンションです。
「隙間」を数軒で共有しながらも
「視線」をコントロールしてプライバシーも守る。
「丁寧に検討されているな」と感じられたのは、
高田さんのご自宅での経験が
最大限に活かされていることも要因だったようです。

光が螺旋階段を通じて落ちてきます
階段室開口のむこうにも「隙間」
ルーフテラスごしの「隙間」
地下室にはガラスブロックからのトップライト。
昼間は照明いりません。

現代において「都市に住むこと」に対するひとつの答えがここにある、
と言えそうです。


text by noguchi

 

高田典夫プロフィール
実践女子大学 教授(建築デザイン研究室)
アトリエテン 代表
東京都文京区生まれ。1976年 東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻 修了。東京工業大学工学部助手、槇総合計画事務所、レンゾ ピアノ ビルディング ワークショップ ジャパン、ヘルム建築・都市コンサルタントを経て、1998年~アトリエテン。2003年~実践女子大学。

 

余談ですが、売買取引事例の「大和町の家」について、元所有者さんのことも建物のこともよくご存知で、「早く知っていたらぼくが買いたかったくらいだ」とのコメントを頂きました。

TOP > ブログ > 都市の隙間を使いこなす
TOPに戻る
MAP