• TEL 03-5366-6551

    10:00-18:00

TPO BLOG

2008.12.18
美しが丘の家

 

トップページにも掲載していますが
『買う』のページで林雅子設計の「美しが丘の家」を紹介しています。

 

 

この度オーナー夫妻が引越しをされましたので
家具のない空間のお披露目です!

まずは1Fリビング。
平面図の二等辺三角形の直角の部分です。
窓を通して庭の緑が鮮やかですね。

 


リビングからダイニングを見たショットです。

 

ダイニングです。
リビングより1段低くなっていて
ダイニングテーブルと椅子が
丁度おさまる広さ。
私は個人的にダイニングルームが
独立している間取りが大好きです。

 

2F子供部屋。
シンメトリーで美しいですね。
二等辺三角形の直角部分を開け放つと、すごい開放感!

 

子供部屋のベッドです。
はしごがあって、いわゆるロフトのように
なっています。

 

大変センス良く住んでいらっしゃった家ですが
家具がなくなると、また設計の輪郭もはっきりしてきます。

 

----------------------------------------------------------

こんなに素敵な家なのに、何故オーナー夫妻がお引越しをされたか
ご説明しておきましょう。

当たり前ですが…
わざわざ名高い建築家、林雅子さんに設計を依頼され
一緒に創り上げた家ですので思い入れも深く
手放すのがおしいとおっしゃっていました。
21年間どこも修理することなく、とても気に入って
大切にしながら生活していらっしゃったようです。

しかし今後、年をとっていくと、立地的に生活が厳しいと判断され
将来的な事を考慮しての住み替えでした。
高台で素晴らしい景色の望める立地なのですが
(天気がいいと、富士山も見えます♪)
車が運転できなくなった時の坂は辛いかもしれません。
現在は丘の麓、「美しが丘の家」から徒歩7、8分のところに
新しい家を建てて住んでいらっしゃいます。
そこだとバス停から徒歩1、2分の平坦地なので便利だそうです。

----------------------------------------------------------

 

最後に簡単な林雅子さんの経歴を載せておきます。
生涯で約200件もの住宅を設計されたそうです。

1928年生まれ
1951年 日本女子大学家政学部生活芸術科住居専攻卒業、
東京工業大学清家清研究室在籍
1981年 女性として初めて日本建築学会賞受賞
1985年 日本女性として初めてアメリカ建築家協会名誉会員選出
1986年 第11回吉田五十八賞
(ギャラリーをもつ家、雪囲いのある家を近作とする一連の住宅作品)
2001年1月 逝去

 

text by Amontillado

 

TOP > ブログ > 美しが丘の家
TOPに戻る
MAP