• TEL 03-5366-6551

    10:00-18:00

TPO BLOG

hutong

2013.11.30
建築家が描く 『夜と光』
人に表情があるように、
季節や時間の移ろいは
建物にさまざまな変化を与えます。

その中でも、日が暮れたあと
建物自身が発信する『光』

それは空間に漂う表情を一変させ、
人のこころを、ほっと安心させます。

今回は賃貸住宅にスポットを当て、
建物の夜の顔をご紹介。

アシンメトリーの光とファサード
-apartment nonet-


気分はナイトクルージング
-schirmberg-


点と点の光で結ぶ庭
-apartments F2-


グリッドフレームと光の融合
-Gridie-

Photo by 西川 公朗(上記4物件)

黄色と光の無敵コントラスト
-GIPSER-


散らばる窓、溢れ出す光
-CREARE-

まるで北欧美術館
-hutong-

ただいまを分かち合おう
-HUTCH-


宇宙船に乗ってどこまでも
-Treform-


日中とは違う建物の表情、
お楽しみ頂けましたでしょうか。

疲れて帰ってきても、
これだけ暖かな光があれば、
気持ちもきっと明るくなるはず。

夜だってわくわくできる空間に
住んでみませんか?

———————————————-
お部屋の写真満載→TPO_facebook
空室の最新情報→TPOTwitter
———————————————-

 

by k_fujita

2013.2.5
こんな由来が
昨日久しぶりにフートンが空きました。
空いたお部屋は109号室

1階の玄関を入るとすぐ階段でお部屋は2階になります。


南向きの開口から光が差し込みます。

この物件、よく名前の由来って何ですかと聞かれるのですが
過去のブログにありました。

2011.5.3
花のある暮らし - Life with blossoms –

桜の季節は終わってしまいましたが、
菜の花やすみれなどまだまだ植物が奇麗ですね。

Cherry blossom season has sadly finished but
still you can enjoy colorful flowers such as violet and rape blossoms.

TPO物件には、東京にありながらも
そんな自然を近くに楽しめるお部屋がいくつかあります。

We have several apartments we recommend
for those who want to live close to the nature in Tokyo.

例えば『イサナ』がある武蔵野市は桜の保護に力をいれており、
毎年駅前や公園や大学構内等では立派な桜並木に圧倒されます。

For instance, Musashino-shi tries very hard to protect cherry blossoms
so that you would be impressed by them at the Musashi-sakai station,
park, and university campus close to apartment “ISANA“.

フートン』『クレビス』『ディアゴナル』がある東中野駅近くでは、
線路沿いの桜と菜の花が見応えあります。

Rape and cherry blossoms at Higashi-nakano station are
valuable to see.
We have “hutong” “crevice” and “diagonal” in this area.

他にも『レインボウビルディング』がある目黒や、
クレスト』がある国立なども、
いたる所で植物に癒されます。
晴れた日にお散歩がてら内見なんていかがでしょうか。

Meguro area which has “rainbow bldg” and
Kunitachi area which has “crest” are
also great places to enjoy flowers and greens.
How about visiting those apartments
walking and seeing around the blossoms
on sunny days?

by hamada

2011.4.26
路地を歩いて

東中野徒歩6分の『hutong(フートン) 』は、
細長い敷地が特徴的です。
この細長く続く路地を通って、お部屋まで行きます。

実はこのhutongという名前は、
中国語で『胡同(フートン)…路地』という意味があるんです。

そんな趣のある路地を歩いて行くと、
玄関がテラスになっている105のお部屋があります。

テラスの両脇にお部屋があるのでとっても開放的です。
窓が内側に向いているので、外からの視線も気になりません。

キッチンは収納もしっかり有り、充実しています。

他にもメゾネットタイプの102103 も空いております。
是非一度ご覧ください。

by morishita

2011.3.29
長屋のhutong(フートン)
浴室は窓があって床置きのバスタブがあるhutong(フートン)

居室は螺旋階段でつながるメゾネットタイプです
上階にあがると書籍や好きな物
またショップ感覚で洋服を収納したり
ディスプレイできる棚があります

東中野にある長屋のhutong(フートン)は、
たくさんの採光が入る明るいお部屋になっています。

by kiguchi

2010.8.5
物件名の由来
細長い敷地の特徴を活かした、長屋のhutong(フートン)
中国語で「路地」を意味するhutong(フートン)という物件名がつきました。




せっかく中国語を取り入れたので「胡同(フートン)」と漢字表記も設定。
ボス髙木がよく行く「おけいすし」の大将に一筆いただき、
このプレートが完成しました。

現在、105号室が随時内見可能となっています。

by kiguchi

2010.7.11
玄関ドアの上に見える緑

外部ですが、れっきとした専有部分のウッドデッキ通路
(専有部分なので、もちろん施錠はしっかりできます)
部屋に気持ちの良い風が通ります


ここは専有部分から覗いた玄関ドアの写真です
外の緑がガラスを通さず見えるので、鮮明な緑が眺められます


お風呂もステキです

こちらのお部屋、東中野にあるhutongu(フートン)105号室になります。

 

by Yop

2010.6.22
中央線

先日の出来事、

中央線に乗っていたら座っている人たち7,8人が

立っているおばあちゃんや

赤ちゃん連れの人

足の悪い人などに

席を譲っていました。

なんてことない当たり前のことですが

その車両だけ何かいい雰囲気でした。

というわけで

そんな人たちいっぱいの中央線沿線、いかがでしょうか。

TOPに戻る
TOP > ブログ
MAP