• TEL 03-5366-6551

    10:00-18:00

TPO BLOG

2010.07.13
六義園

徳川5代目将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷に開園させたものである。

六義園の名の由来は、中国の『詩経』に分類されている詩の分類法を和歌に適用させた紀貫之の『古今和歌集』の序文にかかれている「六義」(むくさ)に因む。当初は、六義園と書いて「むくさのその」とも呼ばれていた。六義園は柳沢吉保がこの『古今和歌集』に出てくる和歌を庭園で再現しようとしたものである。この庭園は、完成当時は、小石川後楽園と並び二大庭園と称されたが、その後代々柳沢家の別荘として使用される程度で徐々に荒廃。

明治期に入り、三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が購入、1938年に東京市(現・東京都)に寄贈され、一般にも公開されるようになった。殊に、ツツジの花は有名で、駒込=ツツジの花の街というほどの、象徴的な存在となっている。庭園入り口のシダレザクラの名木は、3月末に枝いっぱいの薄紅色の花を咲かせ、夜にはライトアップされる。

平坦だった当地に丘や池を掘り完成させ、現在に至ってもそれが表現されている。芝生なども整備も行き届いており、都内を代表する日本庭園として観光客も多い。

ウィキペディアより

らしいです。




というわけで
そんな六義園の程近くにあるkeyaki house
ここもきれいな庭があります。



お部屋から見るとこんな感じです。


この吹抜けからのこの庭、サイコーですね!



text by 困ったときはコピペのササキ


TOP > ブログ > 庭
TOPに戻る
MAP