クレール六本木 | 東京都港区 | 空き部屋詳細 | 店舗・事務所 | デザイナーズマンション・オフィスはタカギプランニングオフィス
  • TEL 03-5366-6551

    10:00-18:00

クレール六本木

  • 東京メトロ南北線 六本木一丁目 徒歩 2分
  • 東京メトロ日比谷線 六本木 徒歩 10分
  • 都営大江戸線 六本木 徒歩 9分
  • 東京メトロ南北線 溜池山王 徒歩 5分
  • 東京メトロ千代田線 赤坂 徒歩 9分

<設計・施工:株式会社TANK/塗装:なかむらしゅうへい氏>
今や日本を代表する建築家、スキーマ建築計画代表、長坂常氏。雑誌Pen『世界に誇るべきニッポンの100人。』では、建築部門において安藤忠雄氏、隈研吾氏らと共に長坂氏も選ばれています。

そしてその長坂氏の全幅の信頼を獲得し、多くの物件の施工にあたっているのが、今回クレール六本木の設計・施工を行った「株式会社TANK」と、「なかむらしゅうへい」氏です。

現在大きな話題となっているブルーボトルコーヒーも実はスキーマ長坂氏による設計なのですが、こちらの施工も当然、前述の2者により行われました。

株式会社TANKは、建築家と組んでの店舗・オフィス・住宅の施工だけでなく、自社による設計も数多行っており、その成長は飛ぶ鳥を落とす勢いです。

一方の特殊塗装職人なかむらしゅうへい氏は、エポキシ樹脂を使った床や家具が代名詞。
最近では湘南T-SITEに出店した、世界で活躍される皆川明氏のテキスタイルの店舗mina perhonenでもなかむら氏のエポキシ樹脂による床が使わせております。
また、同氏によるエポキシ樹脂を使った机は(設計:スキーマ)は、ミラノで行われる世界最大の国際家具見本市『ミラノサローネ』にも出品されています。

<テーマは光>
クレール六本木305号室のリノベーションはそんな両者を迎え行いました。現地での打ち合わせで様々な方向性を模索した結果、テーマを『光』と致しました。 六本木という場所にありながら、前面窓から差し込む光はとても貴重で、気持ちよく、これを活かしたいと考えました。

そしてその入り込む光が、季節や時間によって大きく変化することに気づきました。
そこで、壁と天井は漆喰、塗装、エポキシ樹脂、床には光沢を持たPタイルを使用し、それぞれ異なる光の質感・反射の違いを感じられるように致しました。 もう一つは真鍮メッキによるゴールドの扉。金色の光を放つこの扉が、大きな存在感を発揮します。
エントランスのエポキシ部分にもゴールド色を混ぜ、へやぜんたいの色味に統一感をもたせました。

募集中一覧

お気に入り物件

TOPに戻る
TOP > 借りる > クレール六本木
03-5366-6551
PAGE TOP
MAP